行司足袋

大相撲の行司
つい先日の大相撲春巡業の舞鶴場所を見てきた訳でございますが、この時の写真をよくよく見返していると、力士だけじゃなくって軍配を上げる行司さんも足袋を履いているんですね!

そりゃそうですよね。

行司さん衣装に裸足でもいけますが、普通の靴下じゃぁ草履も履けませんし、自然と足袋になりますもんね。

そして自分の目で見た記憶の中では、行司さんでスマートで細身の方もいましたが、結構大柄の方もいました。

ですが、力士の方2人に勇気を出してヒアリングしてみたのですが、足の大きさは28cmから30cmぐらいの方が多そうです。

となると、力士じゃない行司さんもこれぐらいのサイズで足首は普通のサイズなので、弊社・制服道場で販売している普通の白足袋でいけるでしょう!

やはりパソコンの前で調べるだけじゃなく、実際に自分の目で見て、聞いて確かめる重要性を感じた1日でした!

今回、私、初めて相撲観戦しましたが非常におもしろかったです。

(途中で舞鶴市長さんが倒れて心臓マッサージされててビックリしましたが、あとでニュースを見て市長さんの体がご無事だったのでホッとしました。)

それにしても、あの心臓マッサージしてた女性の行動はすばらしいですね。

尊敬します。

▼という事で白足袋販売ページはこちらでございます▼行司用足袋

京都府福知山市にあるユニフォーム専門店の制服道場の細見雅也でした。

▼春巡業の舞鶴場所の行司さんをパチリと撮影。
春巡業の行司さん

▼福知山市出身の千代栄 栄太さん
千代栄 栄太さんと白足袋