タグ別アーカイブ: アロハシャツ

ソンクラーンはアロハシャツ:タイ旅行3回目


今回のタイ旅行の初日はパタヤにレッツゴーだったのですが、ただ単に旅行気分だけでなく、タイの国の人がどんなユニフォーム制服を着用してるか注意して見てみようと思いながらの旅でした。

4月12日から4月17日まではタイの正月ソンクラーン。

なんかアロハシャツの人が多いなぁと思ってたらお店で働く従業員さんの約9割の人がアロハシャツ着て仕事してました。

まぁ同じ柄で統一感のあるアロハシャツを着ているのは1件の飲食店だけでしたけどね。

▼僕の会社でも夏場はユニフォーム用アロハシャツがホテルや温泉旅館、パチンコ屋さん、ウクレレ倶楽部、旅行代理店さんに大量に売れますので、急きょアロハシャツの市場調査でございます。

傘たたみ市場の駅前のヤシの実が置いてある飲食店さん。
傘たたみ市場の前にある飲食店
統一感あっても良く良く見てみるとアロハ柄のTシャツ。

ありゃま。

という事はタイ国民でユニフォームの本当の価値を知っている人は少ないってことですかね。

いや、違います。

日本人でもなんとなく揃いのユニフォーム着てるだけですからユニフォームを着用する意味や効果を分かって着てる人なんていないって事ですね。。

となると僕的には世界的にユニフォームの本当の意味や価値を提供できるようにならないといけないなと実感。

これが伝えればすごく良いお店になりますよね。

ふむ。

こちらは長期的に考えていきます!

▼こちらパタヤにある飲食店ロビンフッド。洋食店なので僕等以外はファラン(白人)の客ばかり。

ここの女性従業員達も柄はバラバラですがソンクラーンなのでアロハシャツ着用してました。

あっ今この写真を見て思い出しましたがここは、この女性店員がわざとお釣り返してきませんでしたわ。70バーツぐらいいかれました(笑)いつになったらお釣り返ってくるのかなぁ。

なんて考えてたら完全無視。

あー

二日酔いやし面倒なのでそのままバイバーイと言って帰る。コップンカップ。
パタヤにある飲食店ロビンフッド

ウォーキングストリート内の飲食店
こちらウォーキングストリート内を入ってすぐ右側にある飲食店。

▲この男前のアロハシャツを着た男性スタッフが常にビールが減ったら注いでくれるくれる訳。

こっちも気分良くなって帰り際にチップ100バーツあげときました。

▼こちらは居酒屋しゃかりき432のパタヤ店

居酒屋しゃかりき432のスタッフ写真
居酒屋しゃかりき432のスタッフ写真もパチリと撮影。

上着がアロハシャツで酒屋前掛けというスタイルでした。


▲こちらは僕が泊まっていたウェルカムプラザホテルからウォーキングストリートに行く途中のパタヤビーチロード沿いにあるラーメン屋gyogyogyoさんのユニフォーム。

和風なサムエ風の衣装がかわいいですね。

こういった作務衣(サムエ)も弊社で売れるので興味津々で撮影しました。


▲こちらもパタヤにあるクロコダイルファーム内のレストラン。

ここは3人中1人だけがアロハシャツですね。

あとのスタッフはポロシャツ。

っていうかポロシャツって世界共通でユニフォームとして採用されてるんやなと実感。


パタヤにあるスーパーの店員
パタヤにあるスーパーの店員さん達も撮影してみました。

ちゃんと白い帽子と白いエプロンで清潔感を出しているものの、上着はアロハシャツ。

ここでは4人中3人の割合で着用してましたね。

感想としましてはタイにあるスーパーマーケットはクーラー効きすぎて寒いというのも勉強になりました。

で、一歩外に出ると汗だくになります。

シャカシャカナイロンジャンパー

ナイロンジャンパー

意外とこういったシャカシャカ生地のナイロンジャンパーって着てる人は見るけどどこで買ったら良いのか分からないものですよね?

ナイロンジャンパー専門店の制服道場!のマートン店長です。

いやね。

僕からしたらこういったナイロンジャンパーって年中売れるし、どこでも売ってるというかネットで検索するば販売してる店がたくさん出てくるから買うの簡単に思うのですが、そこはやはり売ってる方と買う方と見え方・考え方が違うんやなぁと思った事を書いてみようと思います。

まず、そりゃぁ『ナイロンジャンパー』とネット検索すれば販売してるページは出てくるものの、いざ購入ボタンが押せない。

これは慎重な性格の方や、年配の方に多いように思われます。

というのは、やはり信用というか本当に到着するのか?という不安感があるからだと思います!

やはりそこは僕ら売る立場からすると、もっと安心感を与える事ができる作りだったり、買いやすさだったり、見えやすさ、怪しくないか? 信頼できそうな感じがする。こういった感情が出てくるような画像や見え方を考えないといけませんよね♪

とは言ってもそう簡単ではないはず。

千差万別や十人十色という言葉があるように、人によって見え方・感じ方が違うもんですからねー

僕みたいな関西弁が好きな人もいれば嫌いな人もいるわけやからね♪

ふーむ。

なかなか難しいもんですなぁー

ナイロンジャンパーを売るのにそんなに考え込まなアカンかぁ?

と思われるかもしれませんが、まぁこんな感じで1個の事に集中して考えれば、何事にも考える能力がつくので良いか悪いかといえば良い方向に進むんちゃうやろかと考えてとります!

 

さてさて、話はちょいと変わりますが、僕はつい先日にタイ旅行に行ってきた訳ですが、さすがに灼熱の国、タイは年中真夏みたいなもんですからHIS旅行会社のジャックさんもポロシャツ着て登場してきましたわ。

そりゃぁちょっと涼しい季節でも28度って行ってましたから。

僕らがいった4月12日からのタイの正月ソンクランなんて毎日38度か39度でしたからね。

いやー

暑いったりゃぁありゃしない。

でも日陰に入ればなんかカラッとした暑さで大丈夫!

あの日本にいる時のような息がつまりそうなムワッとした気持ち悪いような暑さがないだけマシでしたよ♪

で、どこの仕事で会社の人もこんな長袖でしかもナイロン生地のジャンパー着てる人は皆無ですわ。

タイの国ではこりゃぁナイロンジャンパーは売れませんな。

その替わりにTシャツやポロシャツ、アロハシャツなんかは1年中売れるんでしょうね♪

そんな楽しく暑い国でした。

 

おっとあと1個驚いたのがタバコがあらゆる建物の中で吸えない点でした。

僕はタバコを辞めて7年目なので吸えない環境の方が大助かりなのですが、僕の友達はなかなか簡単に吸えないので困ってましたわ。

まぁ火事にもならないし、食べてる時にタバコの匂いしないし、服も臭くならなかったので良い部分ですね。

日本ならちょっと居酒屋行けばタバコの匂いプンプンですから。

 

あとは海外旅行自体に全然行った事がないので分からなかったのですが、チップ制度というのあいまだに良く分からへんですわ。

タクシーのお釣りもちょろっとそのままあげる。20バーツぐらい。(70円ぐらいか)

食事のあとも精算したあとに机の上にちょろっと置いておく。

ホテル三泊四日やったけど毎朝20バーツぐらい置いとく。

などあまり金額の相場も良くわからない。

今度は12月に再びタイ旅行行こうぜ!という企画になってるので、その時こそはチップの金額・あげかた等を聞いてから行こうと思います。

まぁもうタイに行ってもナイロンジャンパーが売れる事は一切ないんですがね。

でも何か売れそうな機会や考え方がないものか模索してみたいものですな。

あー

タイ旅行はおもしろかったと♪

シャカシャカナイロンジャンパー