タグ別アーカイブ: ペットショップ

ペットショップユニフォーム

ペットショップユニフォーム
鳥を飼う時はわが町・京都府福知山市では販売していない種類がたくさん置いてある、兵庫県伊丹市のひごペットフレンドリー伊丹店まで行きます。

福知山から高速道路で1時間ちょいで到着かな。

オカメインコは福知山のペットショップで買いましたが、ウロコインコのパイナップルカラーというのはこちらの店舗で購入。

次はズクロシロハラインクというのを見にやってきましたが、この鳥はかわいすぎる!

たぶん頭もメッチャ良いでしょうしね!

という事でユニフォーム屋の僕としては飲食店だけじゃなくって、こうやってペットショップに来てもどんなユニフォームを着てるのか気になる職業病。

まぁ当然と言えば当然ですが、将来はユニフォームコンサルを目指し、提案力・日本一を目指しますので、じっくり家に帰ってから日記を書きながらユニフォーム考察しながら、勝手にユニフォーム提案する事にしています。

何事も修行と勉強ですからね。

まず、犬の毛をカットするトリマーさん達の写真をパチリと撮影(実は実際にトリミングしてる所をじっくり見るの初めて)

白い半袖ワイシャツでエリと袖部分の配色がチェック柄のものを採用されてたので、カジュアル感とフレンドリー感が出て、どちらかというと話しかけやすい、やわらかい印象のユニフォームにされてるのだと思いました。

この部分は非常にグッド!

ですが、注意というかアドバイスするならば、ユニフォームの着用方法の指導が必要かなと思いました。

というのは、よく写真を見るとワイシャツのスソを皆さん外に出してるでしょう。

あまりしっかり感が出ないのでよくないと思いました。

これは経営者や店長レベルで会社からの指導というか決まり事を作るべきと思います。

こうすればお客様からの見た目の印象もアップします。

さらに説明する時のお客さんの納得感もユニフォームにより多少は変わりますので、ここら辺の改善をするとさらに良いお店になるでしょう。

ちなみに僕はこのひごペットフレンドリーさんでは鳥しか買った事しか無いし、ここの伊丹店しか行った事が無いのですが、なんか店員さんがすごい説明も上手ですし、鳥好きですし、何しろ鳥の知識がハンパなくすごすぎてビックリしました。

もうね尊敬に値するぐらいすごい知識量ですし、スタッフ全員の教育が行き届いてるので、ホンマに感じの悪い人はゼロ人でした。

あー僕もこんな社員教育したいな。

いや、しなくちゃいけないな。

やっぱり実際に目の前でお客さんと出会って話をし、コミュニケーションをとる会社の接客はすごすぎると実感!

結論としてはすごく良い接客と教育ですが、まだまだ、ユニフォームの効果により。すごみが増すペットショップに成長させる余地が十分にあるなと、この日記を書きながらテンション上がってきました。

こういった機会をありがとうございます。

▼あと、こちらの写真の右上の方が着用しているポロシャツに注目です!
ペットショップポロシャツ
こちらは、しっかり感を出す為にエリ部分にボタンが付いているボダンダウンタイプのポロシャツにされているのでしょう。

こちらはグッド!

さらに左胸にワペン調のロゴマークが入っていましたので、こちらは信頼としっかり感の証としてポイント高いです!

こちらもグッド!

HPF。ひご・ペット・フレンドリーのそれぞれの頭文字を取ってHPF。

ふむ。

勉強になりました。

こういう表現方法があるとは!

なるほどです。

以上ユニフォーム考察でございました。

ユニフォームについて相談・アドバイス何でも受付中!

▼制服道場(株)ユニワーク
京都府福知山市南本町210-18
TEL:0120-870-160

京都府福知山市にあるユニフォーム専門店の制服道場(株)ユニワークの細見雅也でした。

ひごペットフレンドリー伊丹店